江戸時代には犬も旅行をした!?犬の伊勢参りとは

主人に代わってお伊勢参りをする犬、「おかげ犬」

江戸時代の庶民にとって「お伊勢参り」は一生に一度の夢であり、唯一庶民ができる観光旅行のひとつでもありました。「おかげ参り」といって集団で伊勢神宮へ参拝するブームが何度も起こったそうです。

この伊勢神宮へのおかげ参りに、人間だけではなく「犬」も参拝に出かけていたことをご存知でしょうか?伊勢神宮への参拝は、江戸からは片道15日間もかかる長旅で、足腰の悪い人や病気の人などは行きたくても行けませんでした。そこでこのような人に代わって、飼い犬が代理で伊勢神宮への参拝をするようになり、「おかげ犬」と呼ばれるようになりました。

はじめておかげ犬が登場したのは、明和8年(1771年)4月16日の昼頃と正確な記録がのこっており、以降全国各地からたくさんのおかげ犬が伊勢神宮に参拝したことが記録に残されています。

大切に扱われた「おかげ犬」たち

おかげ犬には道中のえさ代や参拝料と主人の名前を書いた紙、それにしめ縄や御幣がすぐ分るように首に巻かれていたそうです。近所のお伊勢参りに行く人に託されたり、誰かに連れて行ってもらうことを期待して単独で送り出されたりしました。

伊勢参りの犬だと分ると道中はお金を取られたりすることもなく、逆にお金を足してあげたり小銭を銀貨や小判に換えてあげる人もいたとか。無事伊勢神宮までたどり着くと神官はお札を竹筒に入れ、飼い主のもとへと送り返したそうです。すべての犬が無事に伊勢神宮までたどり着き帰ってこれるというわけではなかったようですが、幕末には青森から伊勢神宮まで3年間をかけて往復した犬も記録に残っています。

現在では「おかげ犬」グッズのお土産も販売されていますので、伊勢神宮参拝のお土産にいかがでしょうか。

春になったら川越に詳しいタビマスターズを発見して旅を楽しもう。