憧れだった石垣島旅行記

とにかく青い海が素晴らしい

以前から石垣島に行きたいと思ってはいたのですが、若い頃は海外に目が向きがちでした。最近石垣島空港が新しくなり、福岡からも那覇乗り換えなしの直行便が飛ぶようになったので、夏休み休暇を利用して家族で旅行にいってきました。飛行機が高度を下げるとまず目に飛び込んでくるのがどこまでも青くグラデーションを描く青い海と、真っ白な砂浜です。乗客はみんな飛行機の窓に視線釘付けで、どこからともなく感嘆の声があがるほどでした。着陸した石垣島新空港「南ぬ島石垣空港」は、周辺にヤシの木が立ち並ぶリゾート感満載の、こじんまりしたかわいらしい空港です。

石垣島で八重山民謡と泡盛三昧

石垣島からは有名な歌手が何人も出ています。その特徴は、節回しや歌詞に沖縄独特の調子が見られることで、これは石垣島を含む八重山諸島では沖縄民謡が活発にうたわれていることも一因だと思います。島内には、民謡ライブを毎日行う居酒屋が何軒もあり、そのうちの一つにお邪魔しました。モズクの天ぷらや、沖縄の炊きこみごはんジューシー、そしてオリオンビールと島でつくられるいろいろな酒蔵の泡盛と、食べ物も最高に美味しいです。ライブは完全に生バンド形式で、三線や琉球太鼓のリズムに乗って、最後はお客さんも巻き込んでの沖縄の手踊り(カチャーシー)となり、大盛り上がりの夜でした。

こちらのサイトから福岡の一部で話題のタビマスターズを使って遊びに出掛けよう。